--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-01

2013年お盆休み告知

2013年 お盆休みの告知
14日(水)~18日(日)まで休ませて頂きます。
スポンサーサイト

2013-04-09

稚鮎

今回名古屋から「稚鮎」を送って頂きました。
2013040910110000_convert_20130409161001.jpg
アユは孵化してすぐに川を流下して、河口にたどりついた後は
約半年間海で生活するそうです。

身体に鱗がなく透明な身体の時期はシラスアユといい
全身が黒鱗で覆われるようになったものを稚アユという。

その稚鮎を佃煮にしました。
身が柔らかいのであまり炊きすぎないようにして旨みは残しながら
味を含ませていきます。
2013040915490000_convert_20130409161118.jpg
因みに、琵琶湖で氷魚(ヒウオ)とよばれているものは
シラスアユのことだそうですよ!

2013-04-01

さくら鱒

今回は「鱒」をチョイト紹介します。
2013040114310000_convert_20130401161116.jpg
本日入荷の桜鱒、青森県産で非常に光沢があり身の張りもしっかりあり

とても良い状態です。

古くから鱒と言う場合は、サクラ鱒を意味していたそうで

そもそも桜鱒の由来は、桜の開花時期にまとまって獲れると言う説と

成熟が進むと体側が桜色に変化する説があります。
2013040118400000_convert_20130401185254.jpg
この桜鱒に下味を漬け、8割程焼き、桜の葉の塩漬けにしたもので包み
 
蒸します。

桜の香りを付けて変わり焼きとして食して頂いております。


2013-03-27

オオエンコウ蟹

今回は、珍しい蟹を三河湾より送ってもらいました。
大猿猴蟹~と言います。
2013032614010000_convert_20130326171633.jpg
深海に生息し、200m付近の底引網に偶々入ってたもので蒸しても赤くならず
雌は小ぶりで足が短く、雄は足が長いそうです。
2013032614030000_convert_20130326171736.jpg
相模湾や、駿河湾でも水揚げされるそうですが中々珍しいとのことです。

この蟹の由来は、甲羅の形を猿に見立てたのではないか?とされています。

味噌は脂分が多く濃厚過ぎであまり美味とはいえない感じですが
身はかなり旨く、甘味があります!


2013-03-18

今回はホタルイカについてチョイト語ります。

ホタルイカは日本海で水揚げされますが、特に有名なのが富山湾です。
普段は深さ2,300~600m位の深海にいますが、産卵のため4~6月頃
海面近くに現れるそうです。
NEC_0330_convert_20130318155512.jpg
よくホタルイカの身投げを耳にすることがありますが
これは富山湾の海岸に打ち寄せられる大群のホタルイカのことで
体に発光器を持ち、刺激を受けると光をはなち海岸一面
が青白い光に包まれるそうで春を告げる風物詩だそうです。

ホタルイカは、産卵期の身の張っている4月前後が旬。柔らかく
モチモチした食感と独特の甘みが美味。

菜の花と酢味噌でよく食しますが、4,5日調味料で漬け込んだ
沖漬けも酒の肴に最高です。
プロフィール

Author:なか川大将
北新地の鮨店『鮨匠なか川』の店主です。
旬の素材や、全国から集めた厳選食材、ココだけのオイシイ話を紹介していきます。
鮨匠なか川サイト

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。